ボーダー・サリーの楽しく生きよう!

ボーダーコリーの赤ちゃんに一目惚れ 運命の出会いを果たした飼い主とボーダーコリーサリーと家族の日常を綴っていきます

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

寄で…

今日、寄ドッグランに行って来ました。

午後から仕事なので、いっても1時間か1時間半遊べるかどうか。

頭の中では、境テクパークに行くはずが…なぜか、寄ドッグランへ向かっていたのです。

まぁ、昨日雨も降ったし、1時間くらいだったら、アジリティーで遊べるかな~なんて思いながら


アジリティエリアには、先客がいたのでサリーは芝のランで遊ばせました。

小川も大好きなので、川に入れたり、芝で走らせたり。


と、向こうで遊んでいた方たちが小川エリアに入ってきたんです。

一人はたま~に合うオーストリアンシェパードとジャックラッセルの飼い主さん。

もうひと方は、初めてお目にかかるシェルティを二匹連れていた方。


オーストリアンシェパードがサリーと月齢がそう変わらず、しきりにサリーを遊びに誘ってきました。

以前だったら、仲良くワンプロレスが出来たんですが、ここの所、相手にガウガウする事が多くなってきて

案の定、その犬にもガウガウ牙むき出しで怒っていったんので、カラーを掴んでイケナイ、イケナイ。と

言っていました。(まあちっとも聞かんのですが(>_<))

その時、

シェルティを連れてた方が、サリーに向かって大きな声で「イケナーイ!」と、一言叫んだんです。

そしたらサリー。急に黙ってオロオロしだしたんです。その方がサリーのことを褒めたら

スリスリしに頭を下げてよっていったんですよ

びっくりしました。

なんか一発で上下関係ができた感じがしました。

その後も、何度かウロウロするワンコに牙をだした時に、その方がサリーに声をかけるとやめるんです。

しかも、その後褒めるとよっていくんですよ(*_*;

私のやり方は、サリーを興奮させているだけだと言われました。

その方にいろいろ話を聞いたんですが、やはり今のサリーは私を上だと認めてないようです。

まぁ、確かにそんな感じはしていましたが…

だって、私にも歯見せますもんね

犬って、群れの中で誰か強い人が居ないと、自分がその群れを守ろうとするんですよね。

自分自身も守られてないので、いつもストレスを抱えているんだ。って何かの本に書いてあったっけ。



その方は、サリーの胃はストレスで真っ赤でしょう。と言ってました。

私がサリーより強くないから。

誰もサリーを守れないから。

こういう犬は歳をとるとガンになるよ、と言われました。確かにストレスを与え続けるとガンに

なりやすいですもんね。

サリーがガンになったら、私の責任ですね…




中途半端な怒り方では犬の為にならないそうです。

飼い主に牙を向けるなんてことも、もっての他だそうです。


サリーが私のことを、自分より強い。と、認めてくれる日が来るでしょうか…

ホントにいつかフードアグレッシブも治るのかな…



心を決めないと!!





ポチっと押してね

にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ

にほんブログ村
スポンサーサイト

| その他 | 00:40 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。