ボーダー・サリーの楽しく生きよう!

ボーダーコリーの赤ちゃんに一目惚れ 運命の出会いを果たした飼い主とボーダーコリーサリーと家族の日常を綴っていきます

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ベイサイドアニマルクリニック

今日は、サリーを二次医療の病院へ連れていきました。
サリー、お腹がパンパンで凄かった。
ちょっと抱っこしたけど、明らかに3キロ4キロは増えてるんじゃないかな?と思うくらい。

でも、つかの間のサリーとの時間が嬉しいひと時でもあり、海老名SAで五分お散歩しちゃいました。

病院は横浜駅に割と近い所にあり、ビルの中なので意外とこじんまりした感じがした。
開けると、受付にラヴちゃんとゴールデンちゃんが…

他にも、ワンコや猫の写真が貼ってありました。飼ってんのかな~と。

とりあえず、今までの経過を話し、検査結果を見てもらった。

検査は、今のままだと全身麻酔をすると命の危険があること。
肝臓などが悪いと、麻酔の後にそのまま起きないこともあるので、
今のサリーの状態では、CTは撮れないとのことだった。
なので、一旦超音波で見ることになった。

呼ばれていきなり見せられたのは、バケツに入った腹水。3.6リットルあった。
とりあえず今のままでは危険なので、輸血をします、とのこと。
うちのワンちゃんでサリーの血液と適合した犬がいたので、これから輸血をして、
状態が落ち着いたら、全身麻酔でCT.。
もし、状態がよくならなかったら、また輸血。だそうです。

最後、面会が出来た。
処置室に入ると、白いラヴちゃんがいた。
この子が輸血してくれたんだと思った。
ありがとう~、すいません。って思わず口に出ちゃった。何か、すいません、って変だけど。
申し訳ないって気持ちがあったから…

そういえば、入り口にワンちゃんや猫ちゃんの写真が貼ってあり、
スタッフ、と書いてあったような…

この子たち、輸血の為に飼われてるんだ…
初めて、そういう動物がいるんだって知った。

えらいなぁ~頭が下がる思いだ。


今朝もこれから、サリーの輸血の状態を見て来ます。
午後から仕事なので、パソコンに向かう時間がありません。

コメントは、時間が出来たらします。










スポンサーサイト

| 未分類 | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://1226keiko.blog.fc2.com/tb.php/201-db6d2b71

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。