ボーダー・サリーの楽しく生きよう!

ボーダーコリーの赤ちゃんに一目惚れ 運命の出会いを果たした飼い主とボーダーコリーサリーと家族の日常を綴っていきます

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

初心に返る

先日、アンバーが先生のところへデイケアに来ました。

アンバーは三歳の女の子。

保護犬だったのを、今の飼い主さんが引き取ったんです。

056_20150829112853834.jpg

ちょこっとだけサリーに似ています。

062_20150829112852960.jpg

065_201508291128519f4.jpg

どうですか?(^^)

057_20150829112851939.jpg

そうそう、お散歩のとき、サリーが怒って噛みついた案山子(ーー゛)

まったく~

ほんと、神経質で敏感なんんだよね…。

もちろん、大丈夫よ~の声とともにフードを食べさせましたが…

また練習しよう。何回かやればわかるでしょう。

001_201508291131057d3.jpg

003_201508291131052fe.jpg

先生に借りてる本。

やっと読む時間が出来た。

読んでみると、最初の頃に先生に教わった「犬は強い飼い主が好き」って言葉を

思い出した。

001_2015082911310459f.jpg

サリーのように、神経質で、いろんなものにすぐ反応するような犬は、

きちんと、飼い主の管理下のもとですごしている方が、犬にとっては幸せなんだなぁ~と

改めて思った。

サリーが、ビクビクしているものや、吠えたてるもの、それらを

私がいるから安心、私がいるから大丈夫、と思わせてあげないと

サリーとしては、安心して安らぐこともできないもんね。


強い飼い主、というのは、サリーの周りの世界で強い、ということです。


私のルールに従っていけば大丈夫、安心、という訓練を

積み重ねていけば、いろんなことに対する不安や、そこからくる吠えなどが少なくなり

その事からくる問題行動は減ってくるはずなんですね~

問題行動が減ってくるという事は、落ち着いていられてるということ、

落ち着いていられるという事は、以前よりは安心感が高いわけですよね。

安心して安らげるという事が、犬のストレスを軽減し

サリーの病気にも(アジソン病の方)いい結果に繋がることにまるんだろうなぁ。  (なんか上手く書けないけど)


最初の頃は、散歩ですれ違う人にも、殆ど吠えかかっていたサリー。

今では、大抵の人をすんなりやり過ごすことができます。

ごく稀に、身構える人もいますが、私の大丈夫よーの声かけで、気を抜くことができます。

大分、この人間世界で住みやすくなってきたと思いますよ。サリーも(*^_^*)

だって、いろんなとこにもまだまだ遊びに行きたいしね


047_20150829113225290.jpg

なんか、今更だけど、こんな事を書いてしまった。

いいなぁ~この本。

スポンサーサイト

| 未分類 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://1226keiko.blog.fc2.com/tb.php/259-e9a3175c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。