ボーダー・サリーの楽しく生きよう!

ボーダーコリーの赤ちゃんに一目惚れ 運命の出会いを果たした飼い主とボーダーコリーサリーと家族の日常を綴っていきます

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アウラに行って来ました  その1

今日は、知り合いの方から紹介のあった、ドッグダンスの教室にカウンセリングに行って来ました。

とりあえず、サリーの今の状況、今までやってきたトレーニングや経緯。

など、いろいろお話をしました。

サリーが、最後の時まで、のんびりお散歩やお出かけをしたりして

生きて行くのも一つの生き方だとは思うけど、

私はやはり、常に何かトレーニングらしきもの?

新しいものに挑戦したりして行きたい事をお話しした。(これもある方からの助言なんですけどね)

もしかしたら、その最後の時はアウラさんに通い出してすぐに来るかもしれない、

でも、先生も快く承知してくれて、来週の血液検査の結果がでてから通おうかと思ってる。

先生のワンコも、現在、癌と診断されていて、もうかなり進行している様子でした。

ただ、そのための薬は一切飲んでないそうです。

骨に転移がみられるみたいで、痛み止めの点滴を3週間に一回受けにいくだけだと言っていました。

先生の、そのワンコの病気に対しての考えは、

薬は使わず、自然の流れに身をまかせる、というような考えをお話してました。(そのほかにも手作り食やいろんな話も
たくさんしたんですけどね)

その先生は、サリーに対して頑張ろう、とか、大丈夫、とか、頑張って生きよう、とか

そういう類の言葉は言わなかったんです。

10日おきの検査の話を聞いたら、そうとう悪いんですね…と。

私は、

生きてもらいたい、少しでもサリーが長く生きて欲しい、と考えてしまうけれど、

そうではないんだな…

生命あるものは、いつか終わりが来て、それが自然の成り行きで

無理して長生きさせても、どこかに歪みが生じて、

またつじつまを合わせるために薬を使う…。

まさしく、今のサリーだな…



癌とアジソン病は、また違うとは思うけど…


スポンサーサイト

| 未分類 | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://1226keiko.blog.fc2.com/tb.php/275-e4a591e7

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。