ボーダー・サリーの楽しく生きよう!

ボーダーコリーの赤ちゃんに一目惚れ 運命の出会いを果たした飼い主とボーダーコリーサリーと家族の日常を綴っていきます

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

サリー、頑張れ!

サリー、今朝、急にご飯を食べなくなりました。

こんなことは初めて…

口にもってっても、横を向いちゃうんです。

ここ最近、元気がないなぁ~とは思っていたんだけど、

血液検査の結果では、肝臓の数値は高いながらも

今までの数値とは変わらず、アルブミンも上がって来たので
(正常値の一番下だけど)

そのうち、また元気も出てくるかな~と思ってたんだよね…

昨日のダンスのレッスンでは、先生に会っても

喜んで走っていく姿が見られず、ゆっくり近寄って行きました。

最初jは、あんまり動きたくなさそうだったんだけど、

先生が手作りのリンゴジャムをあげたら

途中から元気が出てきて、

いつものように、顔をあげて嬉しそうに付いて行ったんですよね~

なので、あれ?大丈夫かな?~なんて思ってた矢先に

今朝、ご飯を食べなくなったんです。



体力がない時は糖質を摂るといい、と言っていたので

私も早速リンゴジャムを作りました。

いつものご飯は食べなかったんですが、

このリンゴジャムとヨーグルトはペロッと食べてくれた。


夜ご飯は馬肉を炒めてみた。

うん、ペロッと食べた。

良かった~

心配なことがもう一つ…

立っているのが辛いのか、ふらふらしてる。

昨日までは、歩くのはゆっくりだったけど、このふらふら感はなかったんだよな~

今日の夜、一応病院にいってきたけど、

やはり血液検査の結果は、七日前の結果と大差なかったね…。


今朝、初めてご飯を食べなかった時、(ふらうら、ヨタヨタもしてたし)

あ~、もう限界なのかな~って思ってしまったんだよね…

そりゃあ出来れば、また復活して欲しいけど、

なんか、辛そうなサリーを見て、何故かそう思ってしまった…


今朝ね、実家の母親に電話したんです。

その時に、ご飯を食べない話をしたら、

父親が亡くなった時の話をしてくれました。

父親は、脳梗塞で長いこと寝たきりで、

最後には、胃ろうをつける手術で入院してた時に亡くなったんです。

そう、眠る様な感じだったそうです。

気付いた時には手遅れで。

でも、その後に、入っていた施設のシスターが

胃ろうをつけて、その先何年も生きてる人がこの施設にいますけど、

私の父は、つける前に亡くなって、かえってよかったんじゃないですか?

って、母親に言ったそうです。

母も、病院の先生方が謝罪の言葉が会った時に

「もう充分です」って答えたみたいで。

実は、なんとなく分かるんだよなぁ~その気持ち。

私も。

だから、亡くなっていいかって事では、もちろんないんだけど、

いろんな事を一生懸命やり尽くしてきてると、

もう、いいよねって、

思ってしまう時がある。

あんまり辛そうだったらだけど。



今日からプレドニンの量を増やして様子は見ますが、

きっと、もう二次医療の病院にはいかないな~って、思う自分がいたりする。

でも、ワフで最後のラストダンス…踊りたいなぁ…

(昨日のレッスンの帰り、大和にある泉の杜によってみた)
008_20160502232952349.jpg

(帰りはまあまあ元気は」あった。夜ご飯もいつの通り食べたしね)

011_20160502232952030.jpg

これは、今日の夜、立ってるのがしんどいのか、床で踏ん張れない。

021_20160502232951a15.jpg


しかも、また多飲多尿~

アジソン病の数値は落ち着いてるし、毛艶もいいし、

腹水も溜まってないし、貧血でもないし…。

今日から下で寝よう。

今まで一緒に二階で寝てたんだけど、

サリーって、必ず朝方、一階に下りてって、トイレでオシッコをするんですよね~

今のふらふらの状態で一人で階段を下りさせたら危ないですからね。






スポンサーサイト

| 未分類 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

サリー、心配ですね。
数値には出ていない何かが、悪さをしているのでしょうか…。
何とか頑張ってワフでは踊ってもらいたいですが…。

お父様のこと、初めて知りました。
人によって価値観は様々だとは思いますが…。

私の父だったら、ですよ。
私の父だったら、胃ろうは造らなかったと思います。

医療人として、胃ろうを作った方々を多数みてきましたが、食べれなくなってから、胃ろうによって救われた期間の生き方に、どう価値を見つけられるか、ですよね。
胃ろうにより大変元気になり、その後の人生も楽しめたというならいいですが、なかなかそういう方は少ないのが現実です。

もちろん、かと言ってサリーをあきらめていいとかの話とはもちろん別です。それはサリママ、サリーの今までのことをよく知らない私なんかが口を出せる問題ではありません。

ただ…。

今回の不調だけは何とか乗り切り、ワフで楽しく踊ってくれたら…。

それはもう、本当にうれしいです。

頑張れ、サリー!

| バニラママ | 2016/05/03 20:47 | URL |

バニラママさん

コメントありがとうございます。
サリー、なんとか食欲が戻ってきて
食べれるようになりました。

ご飯を待つ時のあの、ソワソワした顔、
まだもってました(^^)
体力も回復してくれるといいんですけどね。
いろいろ、ありがとうございます。

延命治療、ホント難しい問題ですよね…
先日、脳死した娘さんの臓器提供のニュースを見ましたが
自分だったらって、考えたけど
実際、答えは出ませんでした。

やはり、その時その場に遭遇しないと
その方の気持ちになれず、最終的には
その人を一番分かってる人が決断するわけですからね…

犬も一緒に暮らしてると家族も同然。
いろんなこと、真剣に考えてあげたいですよね~。

ダンスの練習も、ちょこっとづつやり始めてます。
サリーが遊びた~いって、言ってきた時にv-392










| サリママ | 2016/05/04 23:38 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://1226keiko.blog.fc2.com/tb.php/323-5d38d42e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。