ボーダー・サリーの楽しく生きよう!

ボーダーコリーの赤ちゃんに一目惚れ 運命の出会いを果たした飼い主とボーダーコリーサリーと家族の日常を綴っていきます

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

プレドニンの薬のことといつものトレーニング

今日、いつもの病院へ行ってきました。

とりあえず、皮膚科の専門医へ行きたいと言うことを伝えに…。

でも、何故か病院で気が付いた(家では気付かず(^^;))

サリーの皮膚の状態が、医原性のクッシング症候群のものと、とても似ていて

それはやはり、プレドニンの長期投与による副作用が原因らしい、ということ。

でも、だからと言って、プレドニンを止めることができるかが問題なんだと。


以前、プレドニンを二錠にしてから体調がよくなり、

落ち着いてから一錠にもどしたところ、また体調が悪くなった。

でも、また少し様子をみて、一錠半に減らして、様子をみている。

元気はあるがアルブミンは上がらない。ギリギリってところ。

これ以上アルブミンが下がれば、腹水が溜まってきてしまう。



以前、先生がサリーのこの体重なら、この量のプレドニンなら副作用は出ない。と

言っていたので、改めて聞いたところ、長期にわたる服用なら出るかもしれません。と言ってました。

プレドニンの副作用は皮膚に出やすいらしいです。

今の状態で、皮膚の専門医に見せたところで、結果は見えていたんだね…。

先生ともいろいろ相談した。

副腎皮質ホルモンの注射に変えるか(25日おきに一本)、

フロリネフの錠剤を増やして、プレドニンを減らして

クッシングの検査(ACTH検査)をやるか…。

アジソン病ってホント、この薬の調整が難しい病気なんですね。

(今までが、同じ量で上手くきただけに、改めてアジソン病の難しさを知ったね)

でも、フロリネフだけで、調整が取れて、プレドニンの量が減らせれば

もしかしたら皮膚の状態が良くなるかもしれない。

(でも、これも、また肝臓だったらどうしようもないし)

とりあえず、フロリネフの量を一錠から4分の1増やして、プレドニンを

一錠半から一錠に減らして、月曜日にクッシングの検査をすることにした。

でも、このアジソン病の薬…こんなにちっちゃいんですよ~(>_<)

IMG_4018.jpg

4分の1になってるかな~(一つは使いましたが…)

IMG_4019.jpg

あ~、病気のことってホント難しい


ちょっと前のトレーニングの様子~

[広告] VPS



まだまだ修行が足りませんな~(*^^*)





スポンサーサイト

| 未分類 | 23:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

薬の増減で上手くいくといいのになぁ。
サリーちゃん、
ママの言うこと聞いて偉いよ~!
すごいよ~!
そして可愛いよ~💜
ゴマンド通りに動いてくれたら感激ですね。

| ときまま♪ | 2016/06/30 15:20 | URL | >> EDIT

ときままさん

アジソン病の難しさを痛感した感じです。
でも、実際のところは、先生が言っていた
バックグラウンドが多すぎて、原因を特定しにくい、
なんですけどね~
でも、いろいろやって試していくしかないです。
頑張りますよ(*^^*)

コマンドね~
もちろんサリーは頑張ってやっているので、褒めれます。
ただ、動画を取ってない時は、もっとハイテンションでやります。
そうすると、サリーも俄然やる気を出します(笑)
これに、私の動きと曲を合わせてくとドッグダンスになるんですよ~v-410

| サリママ | 2016/06/30 23:15 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://1226keiko.blog.fc2.com/tb.php/349-69417925

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。